そーいえば、先月あたりから新しくバンド結成しました。


まだ2回しかスタジオ入ってないけど、

メンバーみんな昭和62年生まれの30歳!!

今はベースが作ってたオリジナルを1曲煮詰めてるとこ。


やっぱフルメンバーそろってると楽しい!!

しかし、元々ドラマーの俺としては、

ドラムの人は手数は多いけど、

ベードラがツインペダルのためか音が全然聞こえないのが・・・


最初のスタジオで我慢できなくて口出してしまった。


まぁ、嫌悪な雰囲気にはならんかったけど。


オリジナルの曲がなんかACIDMANみたいな感じのコード感で、

今まで自分の作ってきた曲はパワーコードが多かったから

なんだか新鮮で、新しいニュアンスを吸収している真っ最中です!

ベースの人もブランクありと言いつつもうまいしね!

ギターの人もすぐ何でも弾けるし!


最近は、

アコギばかり弾いてるし、

秦基博かSTORY OF THE YEARか米津玄師かNoisemakerかしか聞いてない。

ってくらいジャンルがあっちゃこっちゃしてる。

最近のシーンの流行とか、

わかんね。


最近の音楽は聞いてて疲れる。



そーいえば、4月13日にNothing's Carved In Stoneの札幌ペニーレーン公演に参戦してきたんだけど、

セトリが微妙だった。


IsolationもNovember 15thもやってなかった!

最後にダイヴしようと思ってたのに、拍子抜けした!

オーディエンスも大人しくしすぎだったんじゃない?

何年か前までもっとごちゃごちゃのモッシュしてた気がするけど、

前回のExesistanceツアーでもモッシュしてなかったし、

なんだかなぁ。

MONOEYESとか10-FEETとかZepp規模でやる人たちのライヴだとモッシュもダイヴもしてるのになぁ


なーんか物足りなかった。

序盤のIn futureからOut of Controlの流れはよかったけど。


今年は、多分ライジングサン行かないと思う。

第一弾発表の時点で、

自分的におおっ!ってなるアーティストいないし、

どっちかって言うとJoin Aliveの方が気になる。


んーなんというか、ライジングサンは今年で終わるんじゃないかと思うくらいチケット争奪戦がえげつない。

チケットの一般販売がないフェスなんてあっていいのか?

全部クレカ支払いで、

得するのは主催者側だけで、チケット買う客側への配慮では・・・ないよな。


北海道にもっと色んなフェスが増えればいいのに。